logo

ソーシャルエール

お問い合わせ

News

最新ニュース

2023.10.13RECOG

コミュニケーション能力とは?高い人の特徴や鍛える方法を解説!


【目次】


日常生活からビジネスまで、私たちの行動や意思決定に深く関わっているコミュニケーション。

しかし、本当に伝えたいことを相手に正確に伝えることや、相手からの言葉の真意を捉えることも一筋縄ではいかず苦労した人も多いのではないでしょうか。

本記事では、コミュニケーション能力について整理し、鍛える方法まで解説していきます。

コミュニケーション能力とは?

コミュニケーション能力とは、相手との関係を良好に保ちつつ、効果的に意思疎通を行う能力のこと。

簡潔に表現するならば、「うまく人と話す・伝える技術」とも言えるでしょう。

これは単に言葉を使って話す技術だけでなく、相手の心情や立場を理解し、適切な方法で応える能力も必要とされます。

例えば、プロジェクトの進行時において、チームメンバーとの有効なコミュニケーションは、役割の明確化やタスクの効率的な進行に直結します。もし仕事の進め方に迷ったり、予期せぬ課題が生じたとしても、円滑なコミュニケーションを通じてこれを解決することができます。

さらに、営業活動の場面では、顧客との深い信頼関係を築くためにも、商品やサービスの価値をしっかりと伝えるスキルが求められます。この際、高いコミュニケーション能力は、相手の心に深く訴えかけ、共感を得るために不可欠です。

このように、コミュニケーション能力が高いと、相手との信頼関係を構築しやすくなるだけでなく、ビジョンや目標達成に向けた行動も大いに効率的になります。

コミュニケーション能力の高い人の特徴

コミュニケーション能力が高い人にはいくつかの特徴があります。

傾聴スキルが高い

コミュニケーションの基本は、相手の話を真心で聴くこと。高い傾聴スキルを持つ人は、相手の言葉だけでなく、その背景にある感情やニーズもしっかりと捉えることができます。これにより、相手の意見や要求を尊重しやすくなり、信頼関係を築くことが可能となります。

話の要点が明確

効果的なコミュニケーションは、話の要点を明確にすること。余計な情報や脱線を避けることで、相手にメッセージを簡潔かつ明瞭に伝えることができます。これにより、相手の理解を深め、誤解を防ぐことができるのです。

声のトーンや身振り手振りなども意識している

言葉だけではなく、声のトーンや身振り手振りもコミュニケーションの大切な要素です。高いコミュニケーション能力を持つ人は、これらのノンバーバルコミュニケーションを意識的に使い分けることで、相手の反応を読み取りながら、更に効果的なコミュニケーションを実現しています。

コミュニケーション能力が低い場合のリスク

高いコミュニケーション能力を持つことは、円滑な人間関係の構築や業務効率の向上に繋がりますが、反対に「コミュニケーション能力が低い」と感じると、多くのリスクが待ち構えているのです。

人間関係のトラブルの原因となる可能性

うまく意思を伝えられない状況は、あることをポジティブに伝えたつもりでも、相手にはネガティブに受け取られたり、相手に自分の意図を誤解されるリスクがあります。

また、継続的なコミュニケーションの不手際は、友人や同僚との間で信頼関係を損なう大きな原因となります。一度失われた信頼は、取り戻すことが非常に難しいと言われています。

業務のミスや遅延の原因につながる

要件や期待値が明確に伝わらないと、目的に沿わない結果を引き起こすリスクがあり、最終的な成果物に大きな差異を生むことも。

また、情報が不足したり、指示が不明瞭な場合、業務の進行が滞ります。これが積み重なると、プロジェクト全体の進行が遅れることとなり、期限内の納品や業務完了が難しくなることが発生します。

コミュニケーション能力を鍛える具体的な方法

ここからは、コミュニケーション能力を鍛える実践的な手法をご紹介します。

これらの方法を活用して、コミュニケーション能力の向上を目指しましょう。

伝える力を磨く

伝える力は、誤解のないコミュニケーションをとるためにも不可欠です。まずは、伝えたいメッセージの核心をしっかりと掴むことが重要です。次に、情報を整理し、順序良く伝える能力を身につけることで、相手が理解しやすい状態にします。そして、相手の背景や理解度を考慮し、理解を深めるための例示や具体的な言葉を選ぶことが大切です。

傾聴力を磨く

相手の話を真摯に聞くことは、信頼関係の構築や情報収集に不可欠です。傾聴力を磨くためには、自分の意見や感情を一時的に横に置き、相手の言葉に耳を傾ける習慣を持つことが大切です。

また、相手の言葉の背後に隠れている感情や真意を感じ取ることや、質問を織り交ぜて相手の話を深めることも行なうことで、より効果的に力を磨けるでしょう。

相手の話しやすい雰囲気を作る

コミュニケーションは、相手が心地よく話す環境を作ることも大切です。声のトーンを少し上げたり、ノンバーバルコミュニケーションを用いることで、受け入れの姿勢を示すことができます。また、適切なタイミングでの称賛や励ましの言葉は、相手の自己開示を促します。さらに、外的要因、例えば場の雰囲気や背景音なども考慮し、最適なコミュニケーションの場を整える心掛けが大切です。

声のトーンやスピードに配慮する

声のニュアンスは、コミュニケーションの質を大きく左右します。情熱や緊急性を伝えたい時は、意識的に声のトーンを上げる技術を取り入れてみましょう。また、話す速度を変えることで、メッセージの重要性を相手に伝えることができます。そして、相手の反応を見ながら、声のニュアンスを微調整することで、より効果的なコミュニケーションを目指すことができます。

「RECOG」なら"褒める"コミュニケーションで組織の課題を解決!

コミュニケーション能力を鍛える具体的な方法を理解してもすぐ実践するのはなかなか難しいもの。

そこでおすすめしたいのが、弊社提供するコミュニケーションツール「RECOG」です。

アプリを通じて上司や部下を問わず「レター」を送ることで、日常的に部下の行動を称賛ができ、信頼関係の構築に役立ちます。

実際に伝えるとなると、ややハードルが高い称賛もRECOGなら簡単に伝えることができます。

また、「レター」を贈ることを習慣にすれば、自然とコミュニケーション能力を身に着けることができるでしょう。

まとめ

コミュニケーション能力は、日常生活からビジネスまで多岐にわたる場面での効果的な意思疎通や人間関係の構築に欠かせません。

まずは自らのこれまでのコミュニケーション能力について見直し、コミュニケーション労力を鍛えていきましょう。弊社ではツールの提供から運用のサポートまで、一貫してサポートさせていただきます。無料トライアルもございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る