logo

ソーシャルエール

お問い合わせ

News

最新ニュース

2023.12.06RECOG

「いつでも、誰でも、 困った時に頼りにできる場所」として地域社会の健康を支える医療法人社団季邦会様、RECOGを導入

地域のかかりつけ医として東京で3つのクリニックを運営する医療法人社団季邦会。同法人では、2023年4月よりRECOGをご利用いただいております。 今回は理事長の鎌形様にRECOGの導入背景や導入後の効果についてお伺いしました。

【目次】


会社名:医療法人社団季那会

RECOGご利用人数:1~50名

業種:医療・福祉

会社HP:https://www.machino-clinic.com/


■RECOG導⼊背景

コミュニケーションを円滑にし、助け合いの文化を育てたいという想いがあります。当院は、もともとアットホームな雰囲気のクリニックでしたが、新型コロナウイルスの流行をきっかけに、通常の診療に加えてPCR検査やワクチン接種なども行なうようになり、業務は非常に忙しくなりました。その結果、コミュニケーションが疎かになり、スタッフの疲弊が進んでいました。

ポジションのローテーションやSlackを通じて「目の前の仕事だけではなく、仲間のことも助けよう」という呼びかけは行ないましたが、状況を改善することは難しかったのです。

そこで、スタッフ同士が感謝を伝えあう場を設けることで、コミュニケーションが円滑になり、助け合いの文化が育つのではないかと考え、RECOGの導入を決めました。

■RECOG導⼊後の効果

日々のやり取りがレターを通じて可視化されることで、スタッフ同士の繋がりがわかるようになりました。

また、以前から導入していたSlackは業務連絡の場、RECOGは感謝を伝える場として利用することで、感謝の気持ちを日常的に伝えやすくなったと感じています。特に、他のクリニックのスタッフともコミュニケーションが取りやすくなり、施設間の壁を超えてレターが贈られていることは嬉しいですね。

コミュニケーションが円滑になったので、今後は自律的に行動できるスタッフを増やし、互いに助け合う組織を目指していきます。

一覧に戻る