logo

ソーシャルエール

お問い合わせ

News

最新ニュース

2023.09.08RECOG

人材育成におけるコミュニケーションスキルの伸ばし方とは?


【目次】


現代のビジネスシーンで、従業員のコミュニケーション能力は企業の成長を大きく左右する要因となっています。人材を育て、組織全体のパフォーマンスを向上させるためには、コミュニケーションスキルが欠かせません。しかしながら、このスキルの伸ばし方が明確でないことに悩む経営者や管理職も少なくありません。

本記事では、その重要性や実践的なスキル伸ばしの方法について詳しく解説していきます。人材育成に焦点を当てたコミュニケーションのノウハウを習得したい方は、ぜひ最後までお付き合いください。

コミュニケーションスキルとは?

コミュニケーションスキルとは、他者との意思疎通を上手に図る能力のことを指します。そして、コミュニケーションの方法は主に言語と非言語の2つに大別されます。

「言語」とは、頭の中にある考えや思考過程、価値観といったものを言葉として表現し、他者に伝える技術です。

一方、「非言語」は、言葉を用いずに表情や目線、声のトーン、ジェスチャーなどのボディランゲージを使って相手に意思や気持ちを伝達する方法を指します。

どちらもコミュニケーションにおいては非常に重要であり、相手との関係構築や信頼感の醸成において、これらのスキルが問われる場面は数多く存在します。特に、人材育成の現場では、これらのスキルが効果的に駆使されることで、目指す成果や理解の深化が期待できるのです。

このように、コミュニケーションスキルは単なるスキルの一つとしてではなく、ビジネスの成果を大きく左右する要因として捉えるべきであり、継続的な学びと磨きを積むことが必要とされます。

なぜビジネスシーンでコミュニケーションスキルは重要なのか

ビジネスというのは、単なる商品やサービスの提供だけでなく、人々との関わり合いの中で展開される活動です。そのため、高度な技術や知識を持っていても、他者とのコミュニケーション能力が乏しいと成果を出すのは難しくなります。

仕事を進めるうえで、さまざまな立場や利害関係にある人々と関わりが出てきます。それは顧客や社内のチームメンバー、外注先など多岐にわたります。さらに、年齢や性別、価値観が異なる人々とも連携しなければならない場面があります。そのすべての人々と円滑なコミュニケーションをとりながら仕事を進めるためには、高いコミュニケーションスキルが求められます。

特に、営業の現場においてはコミュニケーションスキルの重要性は一層際立ちます。競合の製品やサービスが技術的には上回っている場合でも、優れたコミュニケーションスキルを持つ営業担当者がいれば、受注のチャンスを掴むことができるのです。これは、ビジネスにおいては人と人との信頼関係が非常に大切だからです。

このように、ビジネスシーンでのコミュニケーションスキルは、仕事の成果を大きく左右する要素として無視することができません。それだけに、日々の業務の中でこのスキルを磨き続けることが求められます。

コミュニケーションスキルが高い人の共通点4つ

ここからは、コミュニケーションスキルが高い人の特徴を4つのポイントで解説します。

1. 相手が話しやすい環境を作ることができる

コミュニケーションスキルが高い人は、相手が話している間に、適度に相槌を打つことで相手の話を理解していることを示します。また、適切なタイミングでの質問は、相手の話を深堀りすることで、相手の意見や気持ちをより詳しく理解する手助けとなります。

2. 要点を押さえて伝わる話し方ができる

話すときに、相手が何に関心を持っているのか、どれだけの情報をすでに知っているのかを把握することは非常に重要です。それを基に、要点を絞り込み、分かりやすく伝えることができる人は、効果的なコミュニケーションが得意です。

3. 適度にジェスチャーを入れて説明したり、声のトーンや話すスピードを意図的に調整できる

話す際のジェスチャーや声のトーン、話すスピードは、相手に与える印象や理解度を大きく左右します。コミュニケーションが得意な人は、これらを意識的にコントロールし、相手の反応に応じて調整することができます。

4. 「相手が自分に伝えたい事」を読み解くことができる

高いコミュニケーション能力を持つ人は、言葉だけでなく、相手の態度や表情、声のトーンからも情報を受け取ることができます。そして、それらの情報をもとに、相手の意図や気持ちを的確に読み取ることができるのです。

コミュニケーションスキルを人材育成で伸ばすためには

コミュニケーションスキルを伸ばためには、相手の話をしっかり聴くことが大切です。ここで重要なのは「バックトラッキング」と呼ばれる、オウム返しのような相槌の技術。これにより、相手の話を正確に理解し、相手が何を伝えたいのかをしっかりと捉えることができます。また、相手の話を注意深く聞きつつ、その背後にある意図や気持ちを読み解く練習も効果的です。

また、外部のセミナーや研修を活用し、プロの指導を受けることもコミュニケーションスキルを伸ばす方法として良いでしょう。プロの視点からのフィードバックや新しいコミュニケーション手法の習得は、社内だけでの研修よりも効果的であることが多いです。

さらに、実際のビジネスシーンを想定したロールプレイングも効果的。特に顧客とのコミュニケーションを模倣し、細かいフィードバックを受け取ることで、より現場に即したコミュニケーションスキルの向上が期待できます。

コミュニケーションスキルの育成には、基本的なスキルの習得から実践的な練習まで、幅広いアプローチが必要です。人材を成長させるために、これらの方法を取り入れ、日々の研修や教育に活かしてみてはいかがでしょうか。

「RECOG」なら"褒める"コミュニケーションで組織の課題を解決!

人材育成にはコミュニケーションスキルが不可欠。コミュニケーションスキルを伸ばし、円滑なコミュニケーションをとることができれば、仕事をスムーズに進められるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、弊社提供するコミュニケーションツール「RECOG」です。

アプリを通じて上司や部下を問わず「レター」を送ることで、日常的に部下の行動を称賛できます。

レターを受け取った部下は「自分のがんばりが認められている」「上司から称賛やフィードバックがもらえた」という実感が得られるため、信頼関係の構築につながります。

また、「レター」を贈ることを習慣にすれば、自然とコミュニケーションスキルを身に着けることができるでしょう。

まとめ

人材育成のカギを握っているコミュニケーションスキル。本記事を通して、改めてその重要性が理解できたのではないでしょうか。

人材育成ではコミュニケーションスキルが根底にあるといっても過言ではありません。

コミュニケーションスキルを伸ばすためにも、4つのポイントをおさらいしておきましょう。

1. 相手が話しやすい環境を作ることができる

2. 要点を押さえて伝わる話し方ができる

3. 適度にジェスチャーを入れて説明したり、声のトーンや話すスピードを意図的に調整できる

4. 「相手が自分に伝えたい事」を読み解くことができる

弊社ではツールの提供から運用のサポートまで、一貫してサポートさせていただきます。

無料トライアルもございますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る